千葉ロッテマリーンズ成田後援会 青年部 運営会則 

(目 的)
第1条 本会は、千葉ロッテマリーンズ球団(以下「球団」という。)を 「ふるさと球団」たるにふさわしい、愛され親しまれる球団に育て、我々が誇りを持てるチームとするため、 球団との相互支援活動とともに、地元成田の野球をはじめとしたスポーツ・文化の振興活動に協力することを目的とする。
(名 称)
第2条 本会は、千葉ロッテマリーンズ成田後援会 青年部という。
(部 員)
第3条 青年部員は、設立趣意並びに第1条に賛同するもので、千葉ロッテマリーンズ成田後援会の会員であること。 2 原則として年齢は45歳以下とする。
(後援会青年部の資金等)
第4条 青年部の活動資金は、親会からの助成金を以って充てるが、その資金は、親会の承認により支出し会計が管理する。 また、別途通信費として5万円を親会から拠出する。
(事 業)

第5条 後援会青年部の事業は次のとおりとする。

  • (1) 親会の事業への協力
  • (2) 第3条に掲げる部員の募集活動
  • (3) 球団及び選手への激励・報奨・育成強化活動
  • (4) 支援の為の宣伝・広報活動
  • (5) 会員相互の親睦をはかり、スポーツ・文化振興に係る活動
  • (6) その他後援会青年部の目的を達成するための事業活動
(役 員)

第6条 後援会の役員は次のとおりとする。

  • (1) 部 長 1名
  • (2) 副部長 若干名
  • (3) 会 計 1名
(役員の任期)
第7条 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
2 年度途中での役員の改選は、親会の承認を得てこれを行い、後任者の任期は前任者の残任期間とする。
(役員の職務)
第8条 部長は、親会の選任により決定し、青年部を代表し部活動を統括する。
2 副部長は、部長を補佐し部活動を分掌する。
(会 議)
第9条 青年部が開催する会議の議長は、部長があたる。 2 親会の幹事会には必ず部長もしくは副部長が出席し、連携を図る。
(事務局)
第10条 青年部の事務局は親会の事務局が兼任する。
従って、青年部の事務分掌及び会員連絡の拠点として、「ホテル日航成田」に事務局を置く。
(事業年度)
第11条 青年部の事業年度は、毎年1月1日に始まり12月31日に終わる。
(その他)
第12条 会則に定めのない事項については、青年部会においてこれを討議し、定めるものとするが、必ず親会の承諾を得ることとする。